石井竜也氏作品展 第二弾!企画展「顔魂 KAODAMA 〜森の精霊達~」を開催します

Let’s Share!

átoa(アトア)は、2ELEMENTSにて、アーティスト石井竜也氏による作品展第二弾として、企画展「顔魂 KAODAMA 〜森の精霊達~」を開催いたします。

メイン.jpg

ELEMENTSは、まるで御伽噺に出てくるような不思議な森を表現した展示空間です。アルダブラゾウガメやパルマワラビー、アカメアマガエルが暮らすこの空間に、石井竜也氏が制作された顔魂作品を期間展示いたします。森の精霊達と顔魂が遭遇する独特の世界に、きっと畏敬の念を感じずにはいられません。

深い森の中に現れた顔魂をゆっくり探しながら巡ってみてください。

企画展概要

企画展名: 顔魂 KAODAMA 〜森の精霊達~

期  間: 202293日(土)〜 2022124日(日)

展示会場:AQUARIUM x ART átoa2階 精霊の森

アーティスト名:石井竜也

観 覧 料:無料 ※átoa入場料必要

 (入場料 大人2,400円・小学生1,400円・幼児800円・3歳未満無料)

主  催:AQUARIUM×ART átoa

協  力:WELL STONE VOICE、G STYLE

顔魂〜KAODAMA〜について

作業風景アーティスト・石井竜也が、絵付け前の素の白いダルマに粘土や塗装を施し、無計画、無秩序に生み出し続けている「顔魂」(かおだま)。

その時々の石井の内面を鋭く映し出す、魂の塊ともいえるこの「顔魂」は、現在・過去・未来という時空を超え、さらには国籍をも超えた存在と化している。

2008年には森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)、奈良・薬師寺にて個展が開催されたほか、2009年には東京ディズニーシー、2010年にはシルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京、京都の二条城でも特別展示が行われた。また2011年には海を渡り、ニューヨークにて作品が展示されるなど、石井竜也のライフワークとして、国内外からの注目を集めている。"顔魂"の創作は現在も留まることなく続き、その数は優に200体を超える。

プロフィール

石井竜也氏_プロフィール用.jpg

石井 竜也 / TATUYA ISHII

1959年生まれ。茨城県北茨城市出身。高校卒業後、画家を目指し上京。'85年米米CLUBとしてデビュー。楽曲の作詞・作曲、ステージセット、コスチュームなどバンドを総合的にプロデュースする。その芸術的で圧倒的なライブ・パフォーマンスから稀代のエンターテインメント・バンドとしてその名を轟かせるかたわら、映画監督としても活動の場を広げ、'94年『河童』、'96年『ACRI』を公開。'97年の米米CLUB解散後('06年再始動)、ソロ活動開始。コンサート中に即興のアートパフォーマンスを取り入れた「ART NUDE」シリーズなど、毎回テーマ性のあるコンサートを展開する。音楽活動に加えて「大阪HEP FIVE(商業ビル)」空間プロデュース、愛知万博「愛・地球博」レギュラープログラムの総合プロデュースなどを務め、'02年からは愛と平和を願うアート・インスタレーション「GROUND ANGEL」を開催し、のべ100万人以上を動員する。インダストリアル・デザイナーとしてもノートパソコン、携帯、アクセサリーや食器など、様々なデザインを多く手がけるほか、作品制作にも積極的に取り組み、'94年「未来遺蹟展」'97年「空想美術館」'99年「昇展」'02年「NUDE'06年「Venus White」といった作品展を開催。'18年、故郷北茨城市の閉校した小学校を利用したアートスペース「期待場」がオープンし、これまでに使用したステージセットやオブジェなどを常設展示している。

オフィシャルサイト:www.T-STONE.com

MIND from MIND:www.g-angel.com/mindfrommind/